takarabako2’s blog

車やバイクが好きなのでそういった内容のブログを書いていこうと思います。

バイクのブレーキパッドがなくなると高くつきます。残量の見方、交換目安など

ブレーキパッドがなくなると鉄のプレートとディスクがこすれ合うのでディスクも痛めてしまって交換となるので高くつきます。またパッドがなくなればブレーキも効かなくなるのでとても危険です。

 

ブレーキパッドの残量は時々チェックが必要です。

 

今回は、ブレーキパッドの残量の見方、交換目安、種類、選び方などについて書いて行こうと思います。

 

 

 

残量の見方

ブレーキパッドはキャリパーの中に入っていてディスクを挟むように取り付けられています。

タイヤを正面から見ると、ディスクを挟んでいるブレーキパッドの残量が確認できます。

車種によって見づらい場合や、ブレーキパッドの確認がなれていなくて見えない場合はキャリパーを取り外すと確認することが出来ます。

多くの車種はキャリパーのボルト2本で外すことが出来ます。

外す場合はラチェットではなくできればメガネレンチを使うことをおすすめします。

キャリパーのボルトはきつく締まっていることがよくあるので、力ずくで外そうとすると一気に緩んだ時に地面にこぶしが当たって怪我することがあるので、メガネレンチをボルトにしっかりあてた状態で手のひらでメガネレンチを何度も叩くように緩めると安全に外れます。

また、キャリパーを外した時にブレーキレバーを握らないようにしてください。

握ってしまうと油圧でピストンが出てきてキャリパーをディスクに取り付けられなくなるのでピストンを戻さなくてはいけなくなります。

 

交換時期

乗り方や材質によって大きく交換時期がずれるので残量を確認して2mmになったら交換することをおすすめします。

 

ブレーキパッドの種類

 

シンタードパッド

金属の粉を焼いて固めたメタル系パッドです。

特徴

・効きが強い

・ディスクへの攻撃性が強い

・パッドの寿命が長い

・連続的なブレーキなどで高温になっても効きが保てる

・ブレーキパッドの温度が温まる前は効きが良くないものが多い

・値段が高い

 

セミメタルパッド

金属を樹脂で固めたレジン系パッドです。

特徴

・3種類の素材の中で中間的な効き

・コントロールがしやすい

・ディスクへの攻撃性が弱い

・雨などの悪天候で効きが弱くなる

・メタル系のパッドほど寿命が長くない

・値段は3種類の中で中間

 

ノンアスベストパッド

繊維を樹脂で固めたレジン系パッドです。

特徴

・純正などに多く採用されているので効きは普通

・コントロールがしやすい

・ディスクへの攻撃性が弱い

・パッドの寿命が短い物がある

・連続的なブレーキなどで高温になると効かなくなることがある

・低い温度からブレーキが効く

・値段が安い

 

使ってみた感想

XJR1300にSBSのシンタードパッドを使っていたのですが、キャリパーも対向式な上に、車重も重く、ブレーキが温まりやすいせいか、乗り始めから普通に効き、峠などでハードなブレーキを使っても効きが良かったのですごい気にいっていました。

大型バイクなどのブレーキにはシンタードがおすすめです。

 

スクーターでもべスラのシンタードを使ったことがあるのですが、冬場の乗り始めに全然効きませんでした。パッドの寿命だけはものすごく長かったです。

 

ノンアスベストに変えてからは、乗り始めも普通に効くのとコントロール性も良くなり値段も安いので現在もノンアスベストのパッドを使っています。

 

街乗りのスクーターで激しいブレーキを使うような運転をしないのであればノンアスベストをおすすめします。

 

 

 

交換費用

自分で作業する場合

工具がある前提で、ブレーキパッドの代金と、可動部のグリス、なき止め剤の代金程度でできます。

 

4,000円~1,6000円

 

お店に出す場合

 

工賃  

 

1キャリパー 2,200円~5,000円

 

フロント、ダブルディスク、リヤ、シングルディスクの場合

3キャリパー分なので工賃は6,600円~15,000円になります。

 

お店によって相場も違いますが、キャリパーのピストン個数によって工賃が変わる場合があるようです。

 

ブレーキパッドの代金

 

お店で作業してもらう場合は、基本的にはお店の商品を購入するため、お店の販売価格のブレーキパッドを購入することになります。

 

1キャリパー 3,000円~6,000円

 

フロント、ダブルディスク、リヤ、シングルディスクの場合

3キャリパー分で  9,000円~18,000円

工賃とブレーキパッドの代金合計 15,600円~33,000円

 

ブレーキパッドの交換は簡単ですが、ブレーキは命にかかわる重要な部品なので、自分で作業する時は十分注意してください。

作業に自信がない場合は、お店で交換してもらいましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓↓ランキングに登録してます。ぽちっとお願いします。

 


バイク用品・装備ランキング

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に使ってみてよかったバイクのブレーキディスク

バイクのブレーキディスクはいろんなメーカーが出していて、色々な種類があるのでどれを買っていいかわからない、また、精度はどうなのか、ヘビー級のバイクに付けて過酷な条件で使っても熱でゆがんだりしないのか、耐久性は?などについて書いて行こうと思います。

 

 

ブレーキディスクの交換時期

ブレーキディスクも攻撃性の強いパッドなどを付けて長い時期使っていると削れていきます。また、削れかたも波を打つように不均等に削れる時もあります。

 

たまに不均等に削れて波を打ったブレーキディスクを研磨に出して復活させて使おうとしている人がいますが個人的にはおすすめしません。

 

研磨に出すのもお金がかかりますし、すり減って薄くなりすぎると割れることもあるときくので、お金を払って研磨に出すより新しい物に交換したほうがいいと思います。

 

過去に使ってみてよかったブレーキディスク

私が当時乗っていたXJR1300のブレーキディスクがすり減ってきたあたりで知人と話していて、ウェーブディスクにしようか何にしようか迷っていた時に、ちょうど知人がウェーブディスクを使っていて感想を聞いたのですが、知人が言うには、

 

ウェーブディスクはたいして効きが良くない

 

パッドが良く減る

 

というようなことを言っていたので私はウェーブディスクをやめておこうと思いました。

さらに知人が続けて、

 

その前はサンスターのブレーキディスクを使っていたがあっちのほうがずっと良かった

 

精度も高い

 

と言っていたので私はサンスターのブレーキディスクに興味を持ち、帰ってからネットでサンスターのブレーキディスクのレビューを見てみると、サーキットなど過酷な条件でも使っても歪まない、精度が高い、耐久性がいいなどすごく評価が良かったのでサンスターのスリッドが入ったディスクに決めました。

 

実際付けてみてどうだったか

私の場合はブレーキディスクを交換すると同時にキャリパーのオーバーホールと新品のシンタード系のパッドに交換しました。

 

使い方は峠のワインディングでがばがばアクセルを開けるのでヘビー級のバイクでガンガンブレーキするような使い方でした。

 

熱での歪み 耐久性 削れ方

走行距離はそこまで多くないですが、6年くらい使ってみての感想ですが、ブレーキのフィーリングもいいのと、ゆがみも全くありません。また、攻撃性の強いシンタード系のパッドを使っていてもそこまで激しくディスクが減らなく、削れ方も均等に削れていました。

 

その後バイクを手放したのですがディスクはまだまだ使えそうな感じで、シンタード系の攻撃性が強いパッドを使っても耐久性も十分だと思います。

 

私的にはすごくおすすめできるブレーキディスクです。

いろんな種類がありすぎてどれを買っていいかわからないという方はサンスターにすれば間違いないと思います。


今日は過去に使ってみてよかったブレーキディスクについて書いてみました。何かの参考になれば嬉しいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


↓↓ランキングに登録してます。ぽちっとお願いします。

 


バイク用品・装備ランキング

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ
にほんブログ村

バイクのクラッチを軽くする方法、またはパーツ

バイクに一日中乗るようなツーリングをした時、重いクラッチだと左手がきつくなってくるので、今日はそういった重いクラッチを軽くする方法やパーツの紹介をしていこうと思います。

 

軽くする方法

 

ワイヤー式クラッチの場合

クラッチレバーが止めてあるピボットボルトをグリスアップ

クラッチワイヤーにワイヤールブを流し込む

 

それでもクラッチが重い場合、車種は限られますがクラッチリンクレバーというパーツでクラッチを軽くすることが出来ます。

 

S1000RR用

 
 

GSX1100Sカタナ用

 

油圧式クラッチの場合

クラッチマスターというパーツで軽くすることが出来ます。

ピストン径の大きさを変えてクラッチの重さを変えるのですが、クラッチを軽くするとストロークが大きくなり、クラッチを重くすると短いストローククラッチが切れるようになります。

この時注意しなくてはならないのが、クラッチを軽くしすぎてストロークが大きくなりすぎてクラッチが切れなくなることに注意しなくてはいけません。

XJR1300の場合ですとピストン径19×19だとクラッチが軽くなって切れる状態になります。

 

 

私も当時重たい油圧式クラッチに困っていたことがあったので今日は解決策を書いてみました。

 

最後までよんでいただきありがとうございました。

 

↓↓ランキングに登録してます。ぽちっとお願いします。

 


バイク用品・装備ランキング

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ
にほんブログ村

 

 

寿司打 タイピングゲーム 平均タイプ数 6.6回/秒 一分間 396タイプ

寿司打というタイピングゲームがあるのですが、昔やっていてしばらくやっていなくてまた最近たまにやるようになったのですが、10年くらい前20代のころはかなり頑張っても5.9回/秒が限界だったのですが、最近やるようになって、6.0回/秒、6.1 6.3  6.6と上がってきて昔限界に感じていたのは何だったんだろうと自分でもびっくりしています。

普通は若い時のほうが反射神経とかもあると思うのですがまさかこの年になってから上がっていくとは思いませんでした。

 

寿司打というタイピングゲームには3000円コース、5000円コース、10000円コースがあ

り、3000円コースは単語もしくは短文、5000円コースはそれよりも長い文章、10000円コースは長文というような感じで別れています。

 

3000円コースのように、短い文章の場合、手が止まる回数が増えるので平均タイプ数は遅くなります。

逆に10000円コースなどの長文の場合は手を止める回数が少ないので平均タイプ数は速くなります。

 

今回は反射神経が必要な3000円コースも昔に比べてかなり上がりました。

昔の最高スコアが6360円でした。現在は、

 

 


7800円まで行きました。平均タイプ数も昔は4.5回/秒だったのが5.1回/秒まで行きかなり上がりました。

 



ランキングは10000人中78位でした。

 

この寿司打というゲームはアカウントを作らないですぐにできるのでお勧めです。

ググったらすぐに出てくるので是非やってみてください。

 

タイピングゲームは自己満の部分もあるのですが、ブラインドタッチができるようになと速く打てるだけではなく疲れなくなります。

 

この疲れないということも私はすごく重要だと思います。

 

ブラインドタッチが出来なかった頃の私は、ディスプレーを見て、キーボードを見て、またディスプレーを見てと繰り返していたのですごく疲れていました。

 

ブラインドタッチができるようになってからはディスプレーだけ見ればいいのですごく楽になりました。

 

私のブログは記事が短いですが、長文のブログを書いている方でまだブラインドタッチをやっていない方は是非ブラインドタッチを習得してみてください。

 

疲れが全然違います。

 

さらに本格的に練習したい方はe-typingがおすすめです。

色々な練習メニューがあります。

この画像はもともとブログにアップする予定がなくスマホで撮ってスコアを拡大したら画像が荒くなってしまったのですが、スコアが406で、WPMというのが一分あたりの打ったタイプ数です。この場合だと一分あたり420タイプなので平均タイプ数は7回/秒になります。

 

実はこちらのほうが速く打ててるのですが、e-typingより寿司打のほうが皆さんが知ってそうなので題名に寿司打のスコアをのせました。

 

e-typingは色々な練習方法があるので伸び悩んだ時などにおすすめです。

 

あとは、昔よく練習していたころはノートパソコンで練習していました。

 

現在はデスクトップパソコンでエレコムのキーボードを使って練習しています。

 

個人的にはノートパソコンのキーボードよりもデスクトップパソコンで今使ってるエレコムのキーボードのほうがタイピングしやすいです。

 

もしかすると速さに影響しているかもしれません。

 

また、昔ノートパソコンで練習していた時はよく練習していたこともあって、キーボードのFの出っ張りがすり減ってしまってホームポジションがわかりにくくなってしまったり、キーボードが接触不良を起こし新しくパソコンを買いなおしたりということがありましたが、デスクトップパソコンならば、キーボードがすり減ったり壊れたりしてもキーボードだけ買いなおすことが出来たり、自分がタイピングがやりやすいキーボードを選んだりできるのでデスクトップパソコンがおすすめです。

 

キーボードはワイヤレスの物もありますが、レビューで反応が遅いというのを見かけたことがあるので私の場合は有線のキーボードにしました。

 

 

 

 

 

今日はバイクの記事ではなくたまにはほかの記事を書いてみようと思い、最近たまにやっているタイピングの記事を書いてみました。

 

読んでいただきありがとうございました。

 



 










 

バイクのギヤが入りにくい時の直し方、又は対処法

今日はMTバイクのギヤが入りにくい時の原因や直し方、対処法について書いて行こうと思います。

 

各ギヤごとにギヤが入りにくい

 

クラッチがしっかり切れていない

 

ワイヤー式の場合

クラッチレバーの根本のアジャスターで調整

 

油圧式の場合

クラッチレバーの根元のダイヤルで調整できますが、それでも改善しない場合エアーが噛んでいる可能性が高いのでエア抜きをする

 

バックステップなどに変えてペダルが引っ掛かっている

友人がこのケースになっていたことがあったのですが、よく見ると引っ掛かりが出来ていてシフトチェンジできなくなっていました。

バックステップを取り付け直して改善しました。

 

 

ニュートラルから一速に入らない

信号待ちなどで発信しようとしてギヤをニュートラルから一速に入れようとして入らないということを経験した人は多いと思います。

 

対処法

クラッチを握った状態で空ぶかしして一速に入れる。

私が今まで乗ってきたMTのバイクはこの方法で解決できていました。

 

この方法を知ってる人も多いと思うのですが、ネットで検索するとこの問題で悩んでる人もいたので、もしかすると知らない人も多いのかもしれないと思い対処方法を書いてみました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

↓↓ランキングに登録してます。ぽちっとお願いします。

 


整備・修理ランキング

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

 

バイクにリヤボックスをつけるかどうか

今日はリヤボックスについて書いていこうと思います。

バイクにリヤボックスをつけるかどうかは見た目もあるからすごい迷いますよね。

 

付けた時すごい便利なのを知ってしまうとなおさら迷います。

 

私の場合は、前に乗っていたXJR1300のときは見た目がそこまで好きになれなかったので付けませんでした。

 

しかし、スクーターの場合は見た目をそんなに気にしないのと、買い物で荷物が多くなったりすることがあるので付けています。

 

ここらへんは人によってスクーターでも付けたくないという人と、付けた時にすごい便利だから付ける人とわかれますね。

 

それでは今までリヤボックスを付けていて良かった点などを書いて行こうと思います。

 

リヤボックスを付けるメリット

 

後ろに乗ってる人が安全、または楽

後ろに人を乗せた時に背もたれとしては推奨されていませんが、軽くなら寄りかかることができるので、後ろに乗ってる人はすごく楽です。

また、バイクの後ろに乗れるくらいの年齢のお子さんがいる方は、お子さんをバイクの後ろに乗せた時に後ろがリヤボックスになっているので振り落とされる心配がなくなって安全だと思います。

 

積載量が増える

皆さんが知ってる通りこのためにリヤボックスを買う人がほとんどだと思います。

 

鍵付きのスペースが増える

ヘルメットホルダーがないバイクなどは、バイクを止めてからヘルメットを持っていかなくては盗難にあう可能性がありますが、リヤボックスの中にヘルメットを入れて鍵をかければヘルメットを持っていかなくても盗難のリスクを減らせます。

 

デメリット

 

見た目

見た目があまり良くないと思ってしまうかもしれません。

 

便利な使い方

リヤボックスは別の鍵で開ける物が多いので、ひと手間かかります。そのため、リヤボックスには積んでおかなければいけないけど普段あまり使わないカッパや自賠責証などを積み、開け閉めが比較的楽なメットインはよく出し入れをするものを入れると使いやすいです。

 

 

いろんな種類のリヤボックスが売ってますが、どれを買えばいいか迷ったら有名どころのGIVIの物にすれば安心できると思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

↓↓ランキングに登録してます。ぽちっとお願いします。


バイク用品・装備ランキング

にほんブログ村 バイクブログ バイク用品・装備へ
にほんブログ村

発信がすごく遅いスクーターの直し方

今回は発信がすごく遅く、速度が上がってからは普通に走れると言うような症状のスクーターの直し方を書こうと思います。

 

まず最初に思いつくのがウエイトローラーが重いので発信が遅いのでは?と思い、ウエイトローラーを軽くしたけど直らない、というような場合に今回の記事を読んでもらえると役に立つと思います。

 

前にヤフーの知恵袋でもこの症状の直し方を回答したことがあるのと、友達のバイク屋さんにもそんな症状のバイクが持ち込まれることがよくあると聞いていますのでこの問題で悩んでる人は多いのかもしれません。

 

そして、私自身も、この問題に直面した時にネットで調べましたが答えが見つからず、友達のバイク屋さんに聞いても、クラッチ一式交換すれば直るとだけ聞いて、本当の答えがわからないままだったので、自分でクラッチを分解して答えを見つけました。

 

よくMTバイクにしかクラッチがついてないと思われがちですが、スクーターにも遠心力で広がるクラッチがついています。

 

 

私はまず分解したときに、クラッチ自体が全然残量が残っている。それなので他に原因があるのでは?と思っていました。

 

この症状の特徴として、発信の時に回転数が上がらないという特徴がありました。

 

ということは回転数が上がる前にクラッチがつながっているのではないかと考えました。

 

クラッチ自体は遠心力で回転が速くなるとつながる仕組みになっています。

 

そしてどのくらいの遠心力でつながるかは、クラッチスプリングのバネの強さで決まります。

 

ここで私が考えたのが、クラッチスプリングがへたって早めにクラッチがつながっているのではないかと考えました。

 

それならばクラッチスプリングを交換すれば直るのではと考えクラッチスプリングを変えてみました。

 

もし、へたりが原因ならば、純正を入れたらまた長い時間乗るとへたると思い、強化スプリングを選びました。

 

結果

 

完全に治るどころか、純正より発信が速くなりました。

原因はやはりクラッチスプリングでした。

 

この作業をするにはインパクトがない場合プーリー外しが必要です。

また、クラッチナットレンチも必要です。

車種によって商品が違います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓↓ランキングに登録してます。ぽちっとお願いします。

 


バイク(整備・修理)ランキング

 

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村